腎臓病の負担を減らそう|栄養バランスを考えた食事を摂ろう

病院

食道に出来る癌の治療

細かな症状を見逃さない

病棟

食道がんは、食べ物を飲み込んだ時に一番最初に通る器官である食道に発生する癌のことを言います。食道がんは、癌の中でも自覚症状がないことが多いですが細かな症状を見逃さないようにすることでしっかり観察すれば病気の発見につながります。主な症状は、食事を摂った時に食べ物が胸にしみるような胸やけを起こしているような感じがします。食べ物がつっかえて戻してしまったり、痰が出たり声がれなど喉にも不調が出るようになります。健康診断で内視鏡検査をした時などに偶然見つかるケースが多いとされています。食べ物を飲み込んだ時に不調が現れるのは、食道に何かしら異常が起きていることが考えられるので早めに内科または外科を受診します。

免疫細胞治療が良い

食道がんの治療は、内視鏡を使った手術または外科手術になるかもしくは化学療法になります。内視鏡は初期段階の病状の時に使われ、体への負担が少なく社会復帰も早いと言われています。外科手術は開腹してがんのある部位を除去することで、根本的な治療になります。それ以外には、抗がん剤を使った化学療法が行われ放射線治療も合わせて行われることがあります。また、現代で最新治療と言われる免疫細胞治療は自分の免疫力を高めることで癌細胞をやっつける治療なので、体への負担がほとんどなく治療も苦痛を伴わないものです。食道がんは、男性のほうが女性よりも比較的発症率が高いですが免疫細胞治療の作用によって予後は良いと言われています。