腎臓病の負担を減らそう|栄養バランスを考えた食事を摂ろう

病院

肝臓内にできる悪性腫瘍

患者と先生

胆管がんは黄疸の症状が出ることがあります。これは胆管の中の胆汁が血液に逆流することで起こります。また便の色が白くなったり脇腹にしこりができたりします。結石ができやすい人も発症する確率が高くなります。これは老化や偏った食生活などが発症の原因となったりします。

詳しくはコチラ

手術しないがんの治し方

医者

がんの治療と言えば真っ先に手術を思い浮かべがちですが、中には手術をせずに治すタイプのがんもあります。上咽頭がんでは周囲に視神経や聴神経など重要な神経が集中しているため、手術をしないのが普通です。その反面放射線や抗がん剤が効きやすく、がん専門の医療機関ほど手術抜きでも高い治療成績が期待できます。

詳しくはコチラ

食道に出来る癌の治療

病棟

食道がんは、細かい症状を見逃さないようにすれば早期治療が可能になるので食事の際に違和感や不調がないかどうかしっかり確認します。免疫細胞治療が普及されるようになったことで、体への負担が少なく苦痛も伴わない治療が可能で予後も良いと言われています。

詳しくはコチラ

腎臓機能低下への対処法

医者

腎臓病は近年増えてきている病気で、高齢化や食生活の欧米化が影響していると考えられています。腎臓は食べたものをエネルギーに変えたり、余分なものを排泄物として仕分ける働きをしてくれます。しかし、その働きに負担がかかってしまうことで腎臓の機能が弱くなってしまいます。排尿が困難になってしまったり、老廃物が正しく排出されないために血液中に混ざってしまう状態にもなります。腎臓病は、尿検査や血液検査によって判明します。尿の中にたんぱく尿が見られる場合にその疑いが強くなります。腎臓病と診断された場合は、病院の指導にて治療を始めなければいけません。主な治療法は、静養と食事療法、そして薬物療法です。この中で食事療法が積極的に行われ、腎臓に負担をかけてしまうたんぱく質や塩分を抑えた内容の食事を取っていくようにします。食事内容については栄養士が腎臓病に合わせた指導を行ってくれるため、それを心がけることで安心して食事が取れます。

腎臓病患者の増加から、食事療法や透析に至るまでの治療が活発に行われるようになってきました。食事療法に関しては、たんぱく質を抑えて作られてある低タンパク質の食材が注目をされています。食材をそのまま食べられることから、調理の心配も減るので非常に楽です。病院食で使われる食材を病院でも購入ができるため、患者の人には非常に人気があります。透析に至っては、週に何回も受けなければいけない人がほとんどなので、病院側で送迎サービスを行うところが増えています。中には無料のところもあるので気軽に利用ができ、患者の家族も負担が減ります。腎臓病は今後もさらに患者数の増加が予想され、病院側でも体制強化に努めている段階です。また、予防に関しても呼びかけが行われ、健康診断などを通して腎臓病への意識を高めてもらうようにしています。